昭和の野球漫画「キャプテン」について

漫画・アニメ

昭和の野球漫画「キャプテン」について

多くの野球マンガは、主人公が魔球を投げるという非現実的なストーリーであったが、普通の気の弱い下町の中学生たちが、泥臭い努力を続ける物語である。何しろ、ちばあきお先生は、練習そのものを丁寧に描いていく。

谷口の中学卒業後、彼の頑張る精神を引き継いだ丸井、イガラシ、近藤、とキャプテンが代わっていく。

出典 http://toyokeizai.net

初期の谷口くん・・

1

出典 http://encrypted-tbn1.gstatic.com

最初中2の途中で墨二に編入時は、名門青葉の二軍の補欠ということで、野球がヘタでしたが、猛特訓のお蔭でトップレベルの選手となり、キャプテンとしても最初は頼りがいが無かったものの、徐々にリーダーシップを発揮するようになりました。
墨二を全国レベルまで押し上げた功労者といっても過言ではないでしょう。

OP 君は何かができる

野球「キャプテン」のテレビアニメは1983年、当時自分が中2の時に放送してました。その時のOPです。中学生らしいハツラツとした良い絵ですね。この曲は2000代の「プレイボール」のOPでもアレンジ版が流れる程、代表的な曲となっております(^^)

第1話 「キャプテン誕生」

初回の放送分です。名門青葉学院の二軍補欠で、当時野球がヘタクソだった谷口くんの、まだまだ頼り無かった、ちょっとギャク漫画要素?も満載の初期の頃ですね。でもその後の彼の人間的・野球技術の向上っぷりは、漫画とはいえ、すごい勢いでしたね!

第26話(最終話) 「激突! 9回裏」

最終話。。。イガラシくんがキャプテンで丸井くんがOBとして観戦に来ている、地区大会決勝の場面ですね。個人的にはその後の全国大会編や次の年の近藤くんキャプテン時代もアニメ化してもらいたかったですね(同じ思いのファンも結構多いみたい)。でも最後の近藤くんのファインプレイ(原作には無いシーン)は、ちょっとハラハラしましたが、とても印象的なシーンでした。

キャプテン -ED-

うん!何度聴いても良い!歌詞も曲も!自分が当時中2の頃に放送していたので、本当に当時に戻った感じになりますね。そういえば2000年代に「プレイボール」の最終話の最後の部分で、当時の声優さん達が歌ったバージョンが流れてましたね(^^)

ツイッター まとめ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ