昭和の野球漫画「キャプテン」について

漫画・アニメ

昭和の野球漫画「キャプテン」について

多くの野球マンガは、主人公が魔球を投げるという非現実的なストーリーであったが、普通の気の弱い下町の中学生たちが、泥臭い努力を続ける物語である。何しろ、ちばあきお先生は、練習そのものを丁寧に描いていく。

谷口の中学卒業後、彼の頑張る精神を引き継いだ丸井、イガラシ、近藤、とキャプテンが代わっていく。

出典 http://toyokeizai.net

歴代キャプテン紹介!

●谷口キャプテン

1

出典 http://livedoor.4.blogimg.jp

2

出典 http://livedoor.blogimg.jp

 最初中2の途中で墨二に編入時は、名門青葉の二軍の補欠ということで、野球がヘタでしたが、猛特訓のお蔭でトップレベルの選手となり、キャプテンとしても最初は頼りがいが無かったものの、徐々にリーダーシップを発揮するようになりました。
墨二を全国レベルまで押し上げた功労者といっても過言ではないでしょう。
 そかし初期と青葉戦全国大会時と、キャラが随分違ってる・・(^_^)

●丸井キャプテン

4

出典 http://res.cloudinary.com

8

出典 http://livedoor.4.blogimg.jp

 短気だが人情味が熱く、前キャプテン谷口くん信者でもあります。ただキャプテン失格の判断をナインからされたり、全国大会に行けなかったり、後輩のイガラシくんの存在で、キャプテンながら4番になれなかったなど、現役時代の功績はイマイチ。その分、OBになってからのおせっかいなくらい?のフォローに回るようになりましたね。
 人間的には好きだという「キャプテン」ファンも多いみたいです(^^)

●イガラシキャプテン

1

 歴代キャプテンの中では、小柄ながら走攻守完璧で、全てのポジションをこなし、1年生ながら2年生の丸井くんのポジションを奪うくらい。ただし生意気で上級生との衝突もしばしば。。。
 ピッチャーとしては、球は軽いが結構な速球派投手。2年生までは常に全力投球でスタミナ不足の欠点がありましたが、3年生ではうまく力配分も考えるようになり、相手にもよりますが、完封するくらいに成長。
 2年生では裏キャプテン的な存在となり、上級生に対してもタメ口でとても2年生とは思えない言動もありますが、丸井くんと1年生の近藤くんの間に入ったりと、気配りする一面も。
 原作で唯一、全試合勝ち抜いての全国制覇したキャプテンでもあります。

●近藤キャプテン

出典 http://articleimage.nicoblomaga.jp

 最もリーダーシップの無かったキャプテンかもしれませんが、物語の進捗と同時に野球の技術のみならず、谷口くん同様人間的にも成長した人だと思います。
 またイガラシくんの代までの、小人数精鋭から多数のレギュラーを育成する方針へと変わったのが特徴で、これで選手層の薄さを対策していく、、、という過程で物語が終了したのはちょっと残念でした。。。

Youtube動画集

野球「キャプテン」のテレビアニメは1983年、当時自分が中2の時に放送してました。その時のOPです。中学生らしいハツラツとした良い絵ですね。この曲は2000代の「プレイボール」のOPでもアレンジ版が流れる程、代表的な曲となっております(^^)

うん!何度聴いても良い!歌詞も曲も!自分が当時中2の頃に放送していたので、本当に当時に戻った感じになりますね。そういえば2000年代に「プレイボール」の最終話の最後の部分で、当時の声優さん達が歌ったバージョンが流れてましたね(^^)

ツイッター まとめ

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ