「サイレント・イヴ」でヒットの辛島美登里について

音楽

「サイレント・イヴ」でヒットの辛島美登里について

無料会員募集!

名曲「サイレント・イヴ」の歌詞は渋谷で

Q)1990年、TBS系テレビドラマ「クリスマス・イヴ」の主題歌として大ヒットして、今でも名曲として頻繁に耳にする「サイレント・イヴ」は、歌声やメロディは勿論ですが、そこに乗せた言葉が本当に素晴らしいと思いますが、あの歌詞は、ご自身の実体験がもとになっているのですか?
いいえ、実体験ではないんです。

Q)どういう風に出来たのですか?
上京して、ソングライティングの勉強をしている頃、ちょうど、曲を書いては落ち、書いては落ちを繰り返していた頃なんですけど、渋谷で人と待ち合わせをしていた時、ちょうど雪が降ってきて、その時に、最初の歌詞が浮かんだんです。そこにいる全ての人の上に降って来る雪を見て、「ああ、本当に世の中は平等なのかもしれない…」って思ったんです。だから、「私にも、いつか真っ白な雪が舞い降りるかもしれない…」って思いましたね。それが最初のきっかけで、それとまた別の時に、不倫をしていた友達がいて、大阪出身の子だったんですけど、「みりちゃんなぁ…、不倫をしていると何でも買ってもらえるし、やさしくもしてくれるけど、盆と正月だけは会えんのよ…、大事な時にはいないんよ…」って言ってるのを聞いて、「あぁ、そうなんや~」って思ってたんです。

出典 http://www.uta-net.com

辛島さんですが、「サイレント・イヴ」がリリースされた当時は特に興味は無かったのですが、それから約20年後の確か2009年の冬に、たまたまTVで流れていたピアノ弾き語りバージョンの「サイレント・イヴ」を聴いた時、「いい曲だな~」となんかすごく心に響き、急に興味を持ってベストアルバムを買って聴くようになりました。

稲垣潤一とデュエット

稲垣潤一さんとのオリジナルデュエット曲をリリースしているのも興味深かったです。そして、あるNHK BSの稲垣さんのコンサートの番組でゲスト出演した辛島さんが、本人を目の前にして、デュエットしているのにほとんど笑わず目も合わせない稲垣さんの印象を「怖い!」とハッキリ言っていたのが、とても印象深くおもしろかったです(^_^;)

Youtube動画集

辛島さんの代表曲です。美しいメロディーラインが印象的ですが、歌詞もただの失恋ソングではなく、いろいろ意味深?らしいですね。。。

稲垣さんとのディエットですが、カバーじゃなくオリジナルの曲です。声の相性もバツグンですね!

この曲も個人的に好きです。ピアノの弾き語りに合う、辛島さんらしい?失恋ソングでしょうか・・

ツイッター・インスタグラム まとめ

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ