なすびの「電波少年的懸賞生活」について!

バラエティ

なすびの「電波少年的懸賞生活」について!

無料会員募集!

この企画、毎週見てました。もう日曜夜の憂鬱さをはらすような感じで、30分の番組時間では物足りないくらい!

特に98年頃の「懸賞生活」「Rマニア」「伊藤・チューヤンのヒッチハイク」の3つの企画が揃っていた頃が、番組視聴率的にもピークで、自分も毎週楽しみでしたが、その中でもこの懸賞生活が一番好きでした(やっているなすびさんは大変だったでしょうが・・・)

1

出典 http://i1.ytimg.com

企画開始時のなすびさん。。

1

出典 http://img-cdn.jg.jugem.jp

 くじを引き、運の良かった人を当てるオーディションで、見事?に当選したなすびさん!しかしここで運を使い果たしてしまった彼には、過酷な運命が待っていたのでした・・・(^_^)

2

出典 http://blog-imgs-91.fc2.com

しかしその後・・・

3

出典 http://tn-skr3.smilevideo.jp

 その後ひたすら懸賞ハガキを書き続け、次々当選しては「当選の舞」を披露し、一躍お茶の間の人気者に。企画途中で週刊誌にアパートの住所がバレて、引っ越しをしたりと、ハプニングもありましたが、番組の視聴率もこの頃がピーク!

 しかし本人にはオンエアされていることは一切知らされず。。。

【なすび】伝説の「電波少年的懸賞生活」で彼がゲットしたものは?その過酷な挑戦を振り返る。

「人は懸賞だけで食べていくことが出来るか?」テーマに比べて過酷さが際立っていた懸賞生活企画。当時なすびさんが獲得出来た戦利品を今一度確認してみよう。

猿岩石のヒッチハイク企画と比べても、決して引けを取らない過酷さだったことがうかがい知れる。

「進ぬ!電波少年」のワンコーナーで1998年1月25日~1999年4月18日まで放送された長期企画。
お笑い芸人なすびが「人は懸賞だけで生きていけるか?」をテーマに目標金額を目指し挑んだ。

日本での目標額は100万円、韓国での目標額は日本までの航空チケット片道分。

出典 http://middle-edge.jp

Youtube動画集

当時発売されたビデオ作品(当時まだDVD普及前)を2本購入したくらい、お気に入りでした。そして企画終了時は、本当に残念でたまりませんでした。

でも・・・当のなすびさんは相当大変な思いをされたと思います。普通の人なら精神的におかしくなるでしょうね。それこそ今こんな企画やらせたら、ネットが荒れるかもしれませんね。。。(^_^;)

ツイッター まとめ

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ