欽ドンから生まれた「イモ欽トリオ」について

音楽

欽ドンから生まれた「イモ欽トリオ」について

無料会員募集!

 私は小6だった1981年に「欽ドン」が開始し、私も毎週月曜夜9時は楽しみで毎週見てました。その中で企画物的なグループの(当時は)レコードリリースはありましたが、やはり番組初期の「イモ欽トリオ」が最も印象的でした。

 そして「ハイスクールララバイ」は大のお気に入りで、小6だった私は親にシングルレコードを買ってもらい、しょっちゅう聴いていましたね(^^)

 初期の欽ドンのセットも、いかにも昭和のほのぼのとした家庭の茶の間の雰囲気があって、懐かしいですね~。

6

出典 http://www.oldcat-records.com

長江健次、「欽ドン」降板理由で欽ちゃんに嘘ついていた

元「イモ欽トリオ」のタレント・長江健次(51)が、7月4日放送のフジテレビ系「ノンストップ」で、自身が出演した人気番組「欽ドン!良い子悪い子普通の子」を降板した際の真相を明かし、タレント萩本欽一への不義理があったと謝罪した。

長江は1981年、欽ドンのオーディションに合格して17歳で芸能界デビューし、フツオ役として大ブレークした。「朝起きたら天地がひっくり返るぐらい。恥ずかしかったんですよ。格好いいと思ってないし、なんでキャーキャー言われんやろと思いならが、嬉しいのと。大将(萩本)には好きにさせてもらいましたよ」と当時を振り返った。

だが、番組開始から1年半がたった83年、長江は突如番組を降板した。その理由については「大学受験があるので」と学業専念を理由にし、萩本は「そりゃ頑張れ」と応援してくれた。しかし実際は、大阪で始まる笑福亭鶴瓶との番組に出演するためだったという。

「テレビ局から『欽ちゃんに嘘をついて、受験するっていい通せ』って言われていた」「要するに目立ちたかった。欽ドンでは本来自分は目立ってはいけない役どころやったと思うんですけど、時には欽ちゃんが言っていることがわからないこともあった。(欽ちゃんは)感謝しなくてはいけない人だと思うんだけど、自分で仕事がしたいとかあった」と明かした。

その後、長江は欽ちゃんファミリーが集まる番組には一切呼ばれることはなくなった。大阪を中心に活動していたが次第に仕事は減り、3年前には仕事はゼロになった。だが2年前、欽ドンにともに出演した「イモ欽トリオ」の山口良一、西山浩司と腹を割って話し合い、ライブでの共演が実現したという。

最後に将来の目標について、「テレビなのか舞台なのかわからないけど、いつか、大将とご一緒したいですよね。『頑張ってるな』って言ってもらえればうれしいし、一から作っていることに『顔出そうか』って言ってもらえればもっとうれしい」と語った

出典 http://www.huffingtonpost.jp

 長江さんと萩本さんとの確執ですね。これを始めて知った時は、正直残念な思いでしたが、人間関係は当人同士じゃないとわからない面もあるので、仕方ないかもしれませんね。

 でも今は和解したとのことで、ほっとしております。

Youtube動画集

 この映像は、当時毎週見ていた自分も、見た様な見てない様な、ちょっと記憶が曖昧ですが、とても貴重ですね。レコーディング音源だけあって、まだレコード発売が決まっていないという段階。。。
 初音源披露ということで、この曲は最初の印象が「ん?なんだ?」って感じ(当時としては)でしたので、中原さんの先輩歌手としてのアドバイスも、ちょっととまどった?感じでしたね。
 あと欽ちゃんのイジリもおもしろいですね(^^)

 これは歌番組「トップテン」で披露した時の映像ですね。欽ドンで披露する時とはまた一味違った感じもいいですね。トップテンも懐かしい~!!

 これはイモ欽トリオのヒストリー的なまとめ画像になっております。見てて懐かしいな~、こんな曲もあったな~と感傷的になっちゃいます。。。

 やはり長江さんがセンターだった初期のイモ欽トリオが、個人的には最もお気に入りですね!

ツイッターまとめ

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ