東北のエース特急「ひばり」について

鉄道

東北のエース特急「ひばり」について

無料会員募集!

特急「ひばり」とは

 東北本線上野~仙台間の「ひばり」。1961(昭和36)年にキハ80系気動車特急として誕生、1963(昭和38)年に定期化されたこの列車は、1965(昭和40)年に483系(後に485系も)投入で電車化され、同年に2往復化された。その後も増発が続き、昼夜兼用の寝台電車583系も使用。一部の列車は東京発着となる。「エル特急」となり最盛期の1978(昭和53)年には15往復にまで成長した。

こうして隆盛をきわめた「ひばり」だったが、1982(昭和57)年の東北新幹線大宮~盛岡間開業により使命を終える。

出典 http://www.tetsudo.com

生まれも育ちも宮城県の私は、東北本線の沿線近くに住んでいたことから、小さい頃から頻繁に走りゆく電車特急を見てきました。上野~仙台間の「ひばり」、上野~盛岡間の「やまびこ」、そして上野~青森間の「はつかり」。ボンネット型やゲンコツ型の485系、そして青の寝台型583系とバラエティに富んでて、楽しかったです(^^)

 その中でも、東北電車特急のエースと呼ばれていた「ひばり」は憧れでした。2度ほど仙台~上野間を家族旅行で乗ったことがありますが、さすがに約4時間の所要時間は長くて疲れた思い出が。。。

 そして、私が中1の1982年に、東北新幹線の開業と引き換えに、残念ながら仙台付近を走る電車特急の営業運転に幕を下ろしたのでした。。。

表定速度、当時最速の89.7km/h!

5

出典 http://livedoor.blogimg.jp

いわゆる「ヨンサントウ」と呼ばれる昭和43年10月の時刻改正により、電車特急の営業最高速が120km/hに引き上げれれ、最速の「ひばり」は、上野~仙台間を3時間53分で結びました。
表定速度はなんと当時最速の89.7km/h!当時としてはインパクトのある数値でした。

初期のボンネット型

1

出典 http://i0.wp.com

ザ・国鉄型って感じで、貫禄と迫力がありますね!小学生の頃は、このタイプがお気に入りでした。

「ゲンコツ型」と呼ばれる、485系200番台以降~

2

出典 http://art44.photozou.jp

当時の子供心では、ボンネット型に比べると、ちょっと・・・って感じでした。

昭和53年 絵入りヘッドマークに!

3

出典 http://img-cdn.jg.jugem.jp

共用運用が基本の国鉄としては、珍しく?各特急毎の絵入りデザインに。これをきっかけに、カメラ撮影する子供たちが増えましたね(^^)当時のブルートレインと同時に、少年達のヒーローになったと思います!

1編成のみ、珍しい?583系「ひばり」

4

出典 http://1st.geocities.jp

この珍しい583系ひばりに一度乗ったことあります。「え?はつかり?」って感じでしたが。。。

Youtube動画集

共に1982年の引退時の「さよなら運転」の動画になります。当時中1だった私は、ただただテレビニュースで見るしかなかったです。。。

ツイッター・インスタグラム まとめ

すごい懐かしいグッズですね~!(^^)

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ