視聴率81.4%を記録した、第14回(1963年)紅白歌合戦について

音楽

視聴率81.4%を記録した、第14回(1963年)紅白歌合戦について

無料会員募集!

 『第14回NHK紅白歌合戦』、1963年12月31日(JST)に東京宝塚劇場で行われた14回目のNHK紅白歌合戦。21時05分から23時45分(JST)に総合テレビ・ラジオ第1放送で生放送された。

 全編の映像がNHKに現存する最古の回である。この回で記録した視聴率81.4パーセント(ビデオリサーチ調べ)は、ビデオリサーチによる視聴率調査が始まって以来の最も高い視聴率となった。

 翌1964年に開催される東京オリンピックにちなんで、五輪のマークと聖火台を模した舞台セットが特徴となった。オープニングでは聖火ランナーに扮した渥美清が登場し、オリンピックの開会式風の演出が行われた。またエンディングでは、例年の「蛍の光」ではなく「東京五輪音頭」が歌われた。

出典 http://ja.wikipedia.org

 昭和45年生まれの私は、当然ながらリアルで見てません(笑)。というかこの時代に自宅のお茶の間のテレビで視聴できた家庭って、まだ贅沢な方がもしれませんね。

 この回は1999年頃に当時のBS2でのダイジェスト販の放送で、すごく印象的だったのを覚えています。今と違って、客と視聴者が純粋にその年に流行った、誰でも口ずさめる歌を楽しんでいる感じが伝わってくるんですよね。特に歌唱開始時の客席からの拍手とか。

全編の映像がNHKに現存する最古の回 視聴率81.4%!

1

なんと、この回は紅白史上最高の視聴率81.4%を記録!つまり5人中4人は見ていたということですね。当時と現在とでは、裏番組の存在や他の娯楽など、時代背景はちがいますが、それでも驚異的な数値です!

 その後昭和50年代までは70%以上と高水準でしたが、昭和60年頃から下降し始め、平成に入って急降下!2010年代で40%前後。それでも高い数値には間違いありませんが。。。

出演者等は、下記リンクを参照ください。

Youtube動画集

 ダイジェスト版ですが、今と違ってとてもシンプルな演出ながらも、純粋に歌を楽しむスタイルは、これぞ「歌合戦」って感じでいいですよね~(^^)

この年のエンディングは、例年の「蛍の光」ではなく、翌年の東京オリンピックを控え、「東京五輪音頭」が歌われました。

ツイッター まとめ

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ