初期の3人体制の「Every Little Thing」について

音楽

初期の3人体制の「Every Little Thing」について

無料会員募集!

「Every Little Thing」 とは

1996年にヴォーカル・作詞担当の持田香織、ギター・作曲・編曲担当の伊藤一朗、リーダー・サウンドプロデュース・キーボード・作詞・作曲・編曲担当の五十嵐充の3人で、1stシングル「Feel My Heart」でavex trax(エイベックス・ディー・ディー)からCDデビューした。同シングルはオリコンで最高位24位を記録し、約10万枚を売り上げた。

1997年に3rdシングル「Dear My Friend」でブレイクを果たす。1998年には8thシングル「Time goes by」がシングルで初めてミリオンヒットし、2ndアルバム『Time to Destination』が350万枚を超える大ヒットを記録した。 五十嵐の楽曲の世界観、シンセサイザーを駆使したサウンドと持田の歌声、ファッションが10代・20代を中心に支持を受けるようになり、1990年代後半を代表するグループに成長していった。

デビュー以来ハイペースでシングルリリースを続けてきたが、1999年はプロデュースのための十分な時間を確保したいという五十嵐の思いで、3月の11thシングル「Over and Over」、12thシングル「Someday, Someplace」とベストアルバム『Every Best Single +3』のリリース後はリリースやツアーのない期間を過ごした。

2000年、13thシングル「Pray/Get Into A Groove」、14thシングル「sure」と3rdアルバム『eternity』のリリース後、3月をもって五十嵐がプロデュース活動に専念するために脱退し、メンバーは持田と伊藤の2人になった。「五十嵐はフロントメンバーから脱退し、サウンドプロデューサーになる」と発表されたことから、テレビやライブ出演はせずに楽曲提供を続けるものと思われたが、3rdアルバム『eternity』からシングルカットされた15thシングル「Rescue me (Single Mix)」で携わっただけで、以降はELTの楽曲に直接的に五十嵐が長らく関与することは無かった。五十嵐の脱退から約9年後の2009年9月23日発売の36thシングル「DREAM GOES ON」、同年11月18日発売の37thシングル「冷たい雨」、2010年2月24日発売の38thシングル「Change」の3枚のシングルで、五十嵐がサウンドプロデューサーとして作曲・編曲を担当した。また、2010年3月24日発売の10thアルバム『CHANGE』でも、上記の3枚のシングル以外の収録曲で作詞、作曲、編曲を担当した。

代表曲のひとつである「fragile」は2001年オリコン年間カラオケチャートで1位を獲得。その後も3年連続年間TOP10入りを果たした。

音楽番組のみならずバラエティー番組の出演も多く、幅広い世代に親しまれており、NHK紅白歌合戦には過去8回連続出場している(1997年 - 2004年)。

出典 http://ja.wikipedia.org

1

出典 http://blogimg.goo.ne.jp

 私は昔の3人体制の初期の頃のELTが好きで、CDも持ってました。別に現在を否定してませんが、デビューして数年間の持田さんの透き通った感じの歌声や、自然な歌い方やビブラートの方が、自分の好みだからです。
(感じ方は人それぞれでしょうが・・・)

 特に1998年の8thシングル「Time goes by」の頃の当時20歳の持田さんが、特に綺麗だったと個人的には思います(^^)

2

出典 http://contents.oricon.co.jp

4

出典 http://encrypted-tbn0.gstatic.com

6

出典 http://img.hmv.co.jp

確か2000年頃は、結構明るい髪の色をしてましたね。最近はほぼ黒髪ですが、彼女は茶髪系が似合うかもしれませんね(個人的見解です・・・)。

Youtube動画集

上2つは、1998年のライブの映像です。時折入る持田さんの「煽り」もいいですね(^^)

「Rescue me」のPVです。持田さんのちょっと怒ったような?感じの表情も、なんともたまりませんな~。。。当時DVD出だした頃に購入して、何度も見た記憶あります(^^)

こ、これはELTデビュー前の貴重な映像ですね!歌い方も初期の頃のままで、歌唱も安定していると思います。

ツイッター まとめ

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ