サザン オリジナルアルバム 3rd「タイニイ・バブルス」について

音楽

サザン オリジナルアルバム 3rd「タイニイ・バブルス」について

3rdアルバム タイニイ・バブルス

●アルバムの概要

発売日:1980年3月21日


 記念すべきオリコンチャート週間1位を初獲得したアルバム!
ただし、「FIVE ROCK SHOW」という名のもとで、5作連続でリリースしたシングル曲は、メディア出演減の影響もあり、売上は激減。。。
 しかし、その分レコーディングに時間を費やせ、前作より充実した作品作りが出来た。

 桑田さん以外のメンバー(原さん、松田さん)がボーカルを取った曲が、各1曲ずつあり、このアルバムよりメンバーソロ曲も収録されるようになりました。

●アルバム全体の感想

 そうですね。やはり前作と違って、レコーディングに時間を費やせた分、シングル曲含めて粒ぞろいの曲が揃っているな~というのが第一印象ですね。

 あと「働けロック・バンド (Workin' for T.V.)」というメッセージ性の強い曲を最後に持ってきたあたりが、当時の彼らの周りに対する反抗心みたいな現れのような感じで、そこが印象的です。

マイフェイバリットソング

※ ヒットシングル以外をチョイスしております。

●私はピアノ

 原さんが初のボーカル曲であり、高田みづえさんがカバーしヒットしましたね。私は断然原さんのサザンバージョンの方が好きです。特に昔の映像で、ピアノを弾きながら生歌で歌う、初々しい原さんが印象的です(^^)

●働けロック・バンド (Workin' for T.V.)

 なんと言っても歌詞が全てを物語っていますね。前年までの過密なテレビ等のメディア露出で、満足な音楽造りが出来なかった、当時の苦しみが良く伝わってきます。桑田さんもテレビで曲中に「ノイローゼ!」とか、冗談なのかホンネなのかは定かではないですが、叫んでましたね(^_^;)

1

出典 http://blog-imgs-58.fc2.com

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ