サザン オリジナルアルバム 5th「NUDE MAN」について

音楽

サザン オリジナルアルバム 5th「NUDE MAN」について

無料会員募集!

5thアルバム NUDE MAN

●アルバムの概要

発売日:1982年7月21日

1982年は、「チャコの海岸物語」で久々にシングルヒットがあったこともあり、ミリオン近い97.1万枚の売り上げを記録!ただしチャコの海岸物語は本アルバムには未収録。

3

出典 http://art16.photozou.jp

 前作に引き続き、インパクトのある?ジャケットで、全裸で海に飛び込む男性は「桑田さんではないか!?」とうわさになったこともあったが、まったくの別人であることは、桑田さん本人が語っている。

●アルバム全体の感想

 次作の「綺麗」からは、80年代テクノロジーであるシンセサイザーを取り入れ始めることから、本作がある意味バンドらしいアナログサウンドの最終作品って感じでしょうか。既に脱退したギターの大森さんが、リードギターを生き生きと弾き鳴らしていたのも、本作までかな~と個人的には感じました。

 また、桑田さんが書く歌詞の内容も、社会問題なども取り上げるようになってきたのも、印象深いですね。

 この年は、桑田さん・原さんの結婚や久々のシングルヒットもあり、さらには3年ぶりの紅白復帰と充実した1年だったと思います。
(その紅白では、それから数年間に渡るNHKとの確執となる、ある事件?もありましたが・・・)

5

出典 http://www.nikkansports.com

マイフェイバリットソング

※ ヒットシングル以外をチョイスしております。

●夏をあきらめて

 ライブでも披露される機会の多い曲のひとつで、同年に研ナオコさんがカバーしてヒットした曲ですね。元々この曲は、研ナオコさんバージョンで初めて知り、当時歌番組で披露されていた時は、「サザンの桑田さんの作品」とは特に意識せずに聴いてましたが、何度聴いてもいい曲だな~と思ってました。
 
 その後サザンのファンになってからは、やはりサザンバージョンの方がシックリきて、お気に入りのナンバーです(^^)

●Oh! クラウディア

 この曲は、ライブの終盤かアンコールで披露される機会が多いと思います。初期サザンのバラードのひとつですね。特に間奏のリードギターがカッコイイですね!

1

出典 http://image.space.rakuten.co.jp

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

月別アーカイブ