サザン オリジナルアルバム 7th「人気者で行こう」について

音楽

サザン オリジナルアルバム 7th「人気者で行こう」について

無料会員募集!

7thアルバム 人気者で行こう

●アルバムの概要

発売日:1984年7月7日

収録曲数:13曲
1. JAPANEGGAE (ジャパネゲエ)
2. よどみ萎え、枯れて舞え
3. ミス・ブランニュー・デイ (MISS BRAND-NEW DAY)
4. 開きっ放しのマシュルーム
5. あっという間の夢のTONIGHT
6. シャボン
7. 海
8. 夕方 Hold On Me
9. 女のカッパ
10. メリケン情緒は涙のカラー
11. なんば君の事務所
12. 祭はラッパッパ
13. Dear John

 前作「綺麗」よりシンセサイザーを取り入れ始めているが、本作からより本格的に取り入れており、シンセ類と生楽器とのせめぎあいが始まったと言える。

1

出典 http://livedoor.blogimg.jp

●アルバム全体の感想

 実は、90年にサザンファンになって初めて購入したCDが本作でした。理由は中3の84年当時に、曲が好きでシングルレコードを購入した「ミス・ブランニュー・デイ」が入っていたという単純な理由ですが・・・
 でも、後から初期のアルバムを聴くと、80年代テクノを本格導入したこともありますが、サウンドそのものが骨太な感じで、デビューしてわずか6年で、演奏テクニック含めてこんなにまで進化したものだと後で驚きました。
 また本作は初期のオリジナルの中でも、あまり外れの無い、何度聴いても飽きない粒ぞろいの曲が揃っているという印象ですね。

3

出典 http://images-na.ssl-images-amazon.com

マイフェイバリットソング

※ ヒットシングル以外をチョイスしております。

●シャボン

 原さんボーカル曲ですが、原さんソロ曲含めて、私の中では好きな曲です。原さんの声の多重コーラスが良く、全体的に切ない感じがグットです!

●海

 この曲は、本来この年のシングルになるはずだったのが、急遽ミス・ブランニュー・デイに取って変わられた悲運?の曲ですが、もうこれは「素顔で踊らせて」と並ぶ、珠玉のサザンの隠れ名曲ですね!
 この曲もライブで前奏が流れるだけで、客席から「おお~!」ですからね(^^)実はサザンのヒットシングル以外では、一番好きな曲かもしれません。たまに聴くライブバージョンも、また味があってサイコーです!

●女のカッパ

 この曲はジャズ色が強く、なんとなくコード進行が独特で、引き込まれる感じで好きです。

2

出典 http://auctions.c.yimg.jp

無料会員募集!

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ