サザンデビュー曲「勝手にシンドバッド」は 志村けんのギャグのパクリ!?

バラエティ

サザンデビュー曲「勝手にシンドバッド」は 志村けんのギャグのパクリ!?

■サザンデビュー曲「勝手にシンドバッド」は・・・

1

出典 http://cdn-ak.f.st-hatena.com

 曲のタイトルとおり、沢田研二「勝手にしやがれ」とピンクレディー「渚のシンドバッド」の曲のタイトルの一部を取ってますが、曲の中見はまったく別のカーニバル調のオリジナル曲なのは、結構有名な話だと思います。

 当時は邦楽離れした、早口の日本語歌詞で、賛否両論のあった曲でしたが、今となっては、「サザンの記念すべきデビュー曲」として、比較的好意的に捉えられている感じでしょうか。

■しかし前年に志村けんが・・・

2

出典 http://

8時だヨ!全員集合の1コーナーである、「少年少女合唱団」で、この2曲を無理やり1曲にして両方の振り付けを踊るが次第に無茶苦茶になっていくというギャグで、「勝手にシンドバッド」を既にやっていたんですね!

 しかしサザンデビュー時には、意外とこのことは知られておらず、その後サザンはヒット曲連発で人気バンドへと成長していったのでした。

■その時の動画がこちら!

 当時27歳くらいの志村さん、お若いですね。当時は前年76年の東村山音頭で一躍人気者になっている時なので、周りの反応もウケていたようですね(^^)

■当の桑田佳祐は・・・

 桑田さんは素直に認めており、後で全員集合出演時に志村さんから「俺のネタじゃないか!」とツッコまれたとか・・・(^_^;)

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ