後にムーミンの愛称で親しまれた戦前製電気機関車EF55について

鉄道

後にムーミンの愛称で親しまれた戦前製電気機関車EF55について

■1936年 戦前製の流線形電気機関車 EF55

戦前の1936年(昭和11年)に、当時流行りの流線形のデザインで制作された電気機関車。同時期の電気機関車はデッキ付きのあまり洗練されていないデザインのものばかりだった中では、比較的洗練されていたと思います。

■しかし・・・

以下の特徴(欠点)がありました。。。

①流線形の運転台は片側のみで、もう片方は構内運転用程度の機器のみ設置の為、
 終端駅では蒸気機関車と同様、転車台により方向転換が必要。

②スカートを装着したことで保守に手間がかかる。

③最高速度95km/h程度では流線形による空気抵抗低減の効果が出ない。

よって、3両しか製造されませんでした。

1

出典 http://www.tenshodo.co.jp

■現役時代は

 戦前は東海道本線の特急用として「つばめ」「富士」の牽引を中心に、運用の都合それ以外の旅客列車や小荷物列車の牽引にも使用。

 戦後は1952年(昭和27年)に高崎線で活躍。保守の不便や方向転換の問題といった問題により次第に運用は減り、1960年代以降に3台中2台は廃車に・・・

■国鉄末期より1号機のみは・・・

 1号機は長らく中央鉄道学園に静態保存されていたが、後に高崎第二機関区に移され、転車台脇に留置された。長年の屋外留置で外板の塗装も艶がなくなり退色の進んだ状態であったが、1985年(昭和60年)に実施された機関車展示会において、同機関区有志の手により、構内運転が可能な状態にまで整備された。この機関車展示会におけるレールファン人気を見た国鉄本社は、リバイバルトレインでの運用を前提として1986年(昭和61年)に大宮工場で動態復元、6月24日に車籍を復活させた。従来ならばまず考えられないことであった。翌1987年(昭和62年)4月1日の国鉄分割民営化後は東日本旅客鉄道(JR東日本)に引き継がれ、高崎運転所に配置された。

 その後は、イベントに欠かせない機関車となり、上越線高崎 - 水上間の「EL&SL奥利根号やEF55奥利根号」を中心に、各地で同機を使用した臨時列車が運行された。その際はEF64形 (1001) を補機として連結することが多かった。ATS-Pも搭載されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

■2009年 さよなら運転、その後は・・・

 2009年1月18日の臨時快速列車さよなら運転を実施。

 2015年(平成27年)4月12日からさいたま市の鉄道博物館で保存展示。

2

出典 http://userdisk.webry.biglobe.ne.jp

3

出典 http://travel.watch.impress.co.jp

■愛称について

 EF55の一般的な愛称は「ムーミン」が有名ですが、それは1号機の1986年復帰時にアニメ「ムーミン」に似ているところから言われるようになりました。

 戦前戦後の現役時代は、その独特な流線形の風貌から「ドタ靴」・「靴のお化け」・「カバ」などと呼ばれていたそうです。。。(^_^)

■ツイッターまとめ

1

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ